自由だったころのわたしっていうか

 

いま、さいきん、自由だったころのわたしに近い感覚です

 

と書いてみて思うのは、結局いつも自由だったということ

 

自由のベクトルを選ぶか

自由のベクトルにNO!と言うか

それだけ

それも自由の、受容の中にあるね

 

 

視力落ちた裸眼のまま感覚でバレーボールして

長距離走るときのランナーズハイの時間が密かに好きで

ぜんぜん自主練習しなくて

目見えないからレシーブとか超へたくそで

でも勘と手の長さとジャンプ力と持久力はあって

気分にムラがあるのが欠点とか

目がはなれてるのがチャームポイントとか

おいおい、傷つくぜ?ってことも

なんかよくわからないままに

笑ってスルーしてきた

一切流れに逆らわないというか

何も考えてないだけというウワサも

 

 

ほんとうに世界の認識がガラス越しというか

何かにくるまれてるというか

守られていた

自由にやったらいいよって感じで

 

わたしはいつも自由で

いつも守られている

 

人間というのはそういう存在なのよ