In No Great Hurry


これは写真家のドキュメンタリーのタイトル

 

 

 

わたしはとにかく急いでいた

はやくゴールしてこの人生を終えること

 

魔法のワンドを振れば、すぐにその魔法があらわれると思ってた

そういうものでしょ?と思ってた

 

それを証明できれば終われるとおもったけど

それはそういう自分への仕掛けだったみたい

 

あれ‥これって仕掛けだよねぇ

ここにヒーリングすることがあるよねぇ

 

と気づいたらわたしのゴールはぜんぜん遠くって

とりあえず長生きしないとよくわかんないみたいと思えた

 

まえから「わたしはにこにこ笑って座ってるだけでいいらしい」

と生意気にも感じていたけれど、

以前おもってた「にこにこ座ってるわたし」と

いまわかる範囲でのそれは、見た目は一緒だとしても

内側にあるものや発してる周波数的ななにかが

まっっっっっっっったーーーーーーーく違う

 

そこがなんとなく目指していくところなら、

早くゴールなんてまずありえない

しかも毎日練習あるのみ

ほんとごめんなさい

ごめんなさい

 

 

染色家の柚木沙弥郎さんのことばは

「物心ついたのは80さいになってから」

 

だーん‥!

 

 

 

Thank you.