再生

 

すこしまえに

あれ?わたしってなんだったっけ?

と感じる瞬間があった

 

いま存在しているということ以外

全部が瞬間的に空白になってからというもの

自分が自由を感じていたときのことが

日々どんどん蘇っている

 

好きだったこと

見ていたもの

感覚

 

こんなものは何にもなりはしない

感じている場合ではない

わたしは先に進まなければならないのだと

よろこんで手放したものたちが

「好きだったでしょう?」

「こういうこと感じてたでしょう?」

とふたたび呼びかけてきている