Day.6 願うっていうか、もう周波数変えちゃえばいいんじゃない?

こんにちは。

 

 

願うなんて他力本願

願い=欲

欲を出すと、ろくなことない

みたいな抑圧が社会的にもしくは

地球の歴史の中にあったんだな、と最近思うのです。

 

ねがいごーとひとつだけ

かなえてくれるならー

 

ってなんでいっこだけなのー?

 

 

…というわけで、いろいろ検討した結果、

 

わたしたちの願う力はすごすぎるので、

コントロールしなければならなかった

 

というのが、わたしたちを自由に願えなくさせた

理由の1つだと思うに至ったよ。

 

 

そして、もはや、願ってそれを待つというより、

 

 願いがある時点で、実現しているパラレルが

あるのだから、その周波数に合わせればいいんじゃないか?

と思ったわけです。

 

きっと、引き寄せのひととか、

願いは叶うと言っているひとは、

そういうことをしているんだよね。

 

 

ようやく「願い」という言葉の持つ意味が

アップデートされたよ!

 

 

なんでこのことを考えていたかというと、

クリスタルグリッドのセッションで、

一体わたしは何をしているのか?ということを

よーく感じたかったのね。

 

わたしにとってグリッドは

願いをかなえるためのツールではないのです。

 

イメージしている世界の周波数を

 クリスタルとともに創造しているんだな、

とおもうのです。

そう、クリエイトです。

いいよね、この感じ。

 

そしてそのグリッドでつくった周波数を

いまの自分にダウンロードすることで

選ぶパラレルが変わるってこと。

 

これが現実は自分で作っていて、

自由に選べるということを

実感してゆくステップのひとつ。

 

でも、クリスタルは、

とてもパワフルな存在なので、

想像を超えることが

起こるのだという確信があるよ!

 

f:id:noriiko:20190530200646j:plain

 

 

 

 ∞

Mahalo.